読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梶田でめぐみ

ヨーグルトは便秘によく効くといわれますが、私が体験してみると、多くの量を食べないと、効果がないような気がします。









毎日1パック位食べて、やっとお通じがあります。









ヨーグルトを食べるのが好きな人はいいですが、好きではない人も、ジャムを入れたりして、出来るだけ摂取すると良いでしょう。









腸内の環境を整えておくと肌の調子がよくなると聞いて、せっせとヨーグルトを食べていたのですが、実を言うと、ヨーグルト同様に納豆やお味噌といった食材も乳酸菌をふくむ摂取できるのは乳製品だけだと思っていました。









恥ずかしい気もちです。









このごろ、乳酸菌がアトピーに効くことが解明されてきました。









実はアトピーの原因はいろいろありますが、毎日のストレスや偏食などによって誘因されることもあるでしょう。









アトピー患者の大部分は腸の状態が整っていないため、乳酸菌のパワーで腸内の調子をを整えることが克服する始めの一歩となるのではないでしょうか。









母は深刻なアトピーです。









どうやら遺伝していたようで、私もアトピーを発症しました。









いつも肌がカサカサになって、日々の保湿が欠かせません。









しっかりとスキンケアをしないと、何もままならないです。









母を憎むつもりはないのですが、もしかして、子ともにも遺伝するかもしれない思うと、恐ろしくなります。









アトピーになると非常に我慢できない症状になります。






http://ientgeeeamisktjhhnevht.hatenablog.com/



暑い寒いを問わず1年中我慢しがたいかゆみとの格闘になります。









汗をかく夏場は痒みが増し、冬は冬で乾燥のせいでかゆみが増します。









そして、食べ物にアレルギーがあることも多く、誤って食べてしまうと、かゆみだけの問題で収まらず腫れたり、呼吸困難になる怖れもあります。









通常、便秘に効くご飯は、水分や食物繊維(第六の栄養素と考えられており、有害な物質を体外へと排出してくれます)、乳酸菌が豊富な 、発酵食物などであります。









しつこい便秘の方は、便が固く腸内に滞留した状態に到達しています。









少しでも早く、この状態を解放して、お通じを出やすく柔らかくするため、第一に水分と水溶性の食物繊維(第六の栄養素と考えられており、有害な物質を体外へと排出してくれます)を摂りながら、腸内環境を改善するのが良いかもしれません。









身体に乳酸菌が良いことはわりと知られている事実ですが、一方で効かないという説もあります。









これも本当かもしれません。









それは、当然、体質は個人差というものがありますし、乳酸菌はあくまでも菌であり、すぐに効果の出るお薬ではないからです。









とりあえず、自分に合うかどうか試した後で判断するべきです。









そもそも、インフルエンザは風邪と異質なもの言われているでしょう。









その症状は1日から5日ほどの潜伏期間をのあと、短時間で高熱に達し、その状態が3日から7日続きます。









種類によって、筋肉や関節の痛み、腹痛や下痢など少々ちがいが見られます。









でも、肺炎を併発したり、加えて脳炎心不全を起こす事もあり、恐ろしくもある感染症です。